AGA治療中と予防のために習慣改善をしていくことが求められることになるかと思います

普段は全く気にしていない何気ない行動や習慣が、実はAGAを悪化させたり発症リスクを高めている可能性があります。若者にとっても決して無縁とは言えないAGAの予防法と、AGA治療の実践中には特に控えたいNG習慣をアドバイスします。

■アルコールやタバコはストップする
健康を害する代表格として取り上げられるアルコールやタバコですが、なぜAGAリスクまで高めるのかを説明します。アルコールは肝臓機能に負担をかけて、髪の毛へ届ける栄養まで余分に消費するため、育毛サイクルを滞らせてしまいます。また、タバコは血管を細く弱らせてしまうため、髪の毛と頭皮に必要な血流も阻害されるのです。

育毛・発毛に必須の要素がこのように邪魔されると、どんなAGA治療法も意味を成さなくなってしまうでしょう。

■過剰な洗髪に要注意
頭皮の毛穴をきれいにして清潔な環境を保つために、洗髪をしすぎるのも意外な落とし穴となります。日に2~3回もシャンプーをしている人は、逆に頭皮に余計な刺激を与えてむしろAGAを悪化させているのです。なので、シャンプーをするのは多くても毎日1回で十分です。

頭皮への刺激を軽くするために、洗い方やシャンプーの成分をやさしいものに変えるのも有効な対策です。

■デスクワークによる血行不良に注意
デスクワークで凝り固まった姿勢や眼精疲労も、健康な頭皮環境にとって大敵となります。目の回復のために髪の毛の材料が回されたり、縮まった姿勢で血行が回らなくなるなど悪い影響が多々あります。無意識のうちに薄毛を悪化させている原因のひとつなので、直接の治療法にはつながらなくても無視できません。

長時間デスクワークせざるを得ないときは、1時間に1度だけでも全身を動かして頭皮への巡りを良くしてください。

AGA治療中と予防のために習慣改善をしていくことが求められることになるかと思います

普段は全く気にしていない何気ない行動や習慣が、実はAGAを悪化させたり発症リスクを高めている可能性があります。


Copyright© 2016年8月22日 誰もが目にしたことがある「AGA」の治療方法などについて解説していくサイト
http://www.zhiksb3worlds2011.com All Rights Reserved.